すぐに疲れる

すぐに疲れる原因

こんな悩みありませんか?

少し動いただけで、すぐに疲れてしまう。
何をやってもすぐに疲れてしまう。
せっかくの休日も、何もする気が起きず、やる気も失いゴロゴロしている。

 

このような人は、少なからずいるのではないでしょうか。

 

しかし、体や心、実に様々な原因があります。すぐに疲れる原因は、一体何なのでしょうか。

 

体の病気

体調低下からくる疲労には、様々な病気が、身体の中に隠れている可能性があります。

 

女性の場合、卵巣機能が低下して、月経不順や無月経になります。貧血の場合は、疲れやすく、風邪をひきやすいなどの症状が現れ、女性に多い甲状腺の病気や肝臓、腎臓、心臓の病気なども、考えられます。卵巣機能は、婦人科で診察してもらえます。

 

また、体調が悪くなり、冷え、疲労、それが原因でうつ症状などが現れる場合もあります。

 

貧血や甲状腺機能も、血液検査をすれば、すぐに分かります。その他の病気も考えられますから、一度、病院で検査をしてみることをお勧めします。

 

病気など思い当たることがない方は、スタミナがつくと言われている、うなぎやにんにくを積極的に食べると良いかもしれません。

 

うなぎも高いですし、にんにくも臭いが気になるので、手軽に滋養強壮するならにんにくサプリがおすすめ!

 

毎月1,280円だから手軽!にんにくサプリ

 

心の病気

身体の病気でない場合、「心の病気」ということも、考えられます。だるさや疲れやすい状態を、性格や怠け癖と考え、心と身体に鞭打って頑張り過ぎる人が増えています。家庭環境や職場のストレスにより見えないところで体に影響している場合もあります。

 

だるさや疲れなどの症状は、もしかしたら、「うつ」による可能性もあります。その、心の中にある原因を見つけて、心のケアも視野に入れて考えましょう。忙しくても、時には心と身体を休め、ボーッと過ごす時間も大切なのです。焦らず、自然にエネルギーが身体に満ちてくるのを待ちましょう。

 

解消法

余分なものを体内に残さない為、エネルギーを燃焼させましょう。

 

ビタミンBコンプレックス、ビタミンC・E、βカロチン、コエンザイムQ10などを、サプリメントで手軽に補給するのがお勧めです。

 

身体を疲れさせてしまうカフェインやアルコールの摂取も、ほどほどにしましょう。またD、血液を酸化させる甘いもの、動物性にもの、脂肪分の強いものは、控えるように心掛けましょう

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
運営者情報・問合せ